下田の美容室Log&BRA-VO平山の徒然ブログ

カタラーゼで綺麗さっぱり!残ラネーゼ

みなさんこんにちは!

 

伊豆下田の美容室

L&B-ロゴ 小

Log interface BRA-VO

 

 

HIRAYAMAです

 

DSC_0034  

 

ランキングサイト挑戦中ポチッとクリックのご協力お願いしまーす

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

当店で行っている毛髪のケアで

おそらく最重要項目と思われる

ものをご紹介します

それは

「アルカリ抹殺」

「過酸化水素分解抹殺」

です

 

以前

「ヘアリセットトリートメント」

のお話をしましたが

それは

普段のヘアケアで髪の表面に蓄積した

「カス」

を綺麗さっぱり取り去る

施術前の

「マイナスのトリートメント」

です

言わば前処理、プレトリートメント

ですね

「アルカリ抹殺」、「過水分解抹殺」

は後処理、アフタートリートメントです

それに使用するのが

これ

 

IMG_0311 

 

 クエン酸

カタラーゼ

です

 

アルカリ&過酸化水素

はカラー、パーマ、縮毛などの美容の施術をする上で

なくてはならないものです

 

アルカリのお話からしましょう

アルカリは髪を傷ませる元凶とも行っていいです

もちろん薬品自体、低アルカリで結果が出るように

開発が進んでいますから

どんどんアルカリの負担は減っていますし

僕自身も低アルカリな施術を心がけてます

カラー、縮毛、パーマのお薬は酸性のものもありますが

基本アルカリ性です

そのアルカリを

施術が終わった時には

しっかり元の弱酸性に戻すために

クエン酸を使います

しかも過収斂せず(酸性過ぎず)しっかり酸度(アルカリを抹殺する力)があるもの

を使用するのが大事

もちろんこれ

IMG_0315 

 

「DO-Sアシッド」

これでアルカリをお持ち帰りすることはなくなります

 

過酸化水素抹殺について

 

過酸化水素

HO2

美容技術にはなくてはならないものの一つです

カラーの2剤

パーマ、縮毛矯正の中和剤(酸化剤)

として

よく使います

 

ちょっと余談

美容学校でよく教えていた事ですが

カラーリングで髪を明るくする効果

ブリーチ、脱色ともいいますが

これは「酸素」

の力で行っています

過酸化水素が分解されると

水と酸素になります

空気中では酸素は「O2」という

酸素原子が2個くっついた状態で安定しています

過酸化水素から分解されるのは

O

酸素原子そのもの

「発生期の酸素」とも言います

この一匹狼酸素は非常にパワフルで

近くにあるものと強力にくっつこうとします

一番影響を受けるのが

「メラニン色素」

酸化すると分子が小さくなって無色になります

美容室での明るさの調節は

どれだけメラニンを分解するかってコントロールすること

なんですね

(実際は色素量のからみもあるのでもっと複雑ですが)

ここでは割愛。。

 

ここで勘の良い方はお気づきでしょう

 

「メラニンを分解させるってことは

毛髪の他の部分も傷ませちゃうんじゃないの

 

そのとおりです

 

 

髪を明るくすればするほど

毛髪のタンパク質は傷つきます

ハイトーンのデザインには

やはりそれなりのリスクがあります

トーンアップ、トーンダウンを繰り返す

施術には非常に注意が必要ですね

 

余談ついでに

過酸化水素水の濃度が低いものを

「オキシドール」

といいます

殺菌作用があって消毒に使われます

何が雑菌を殺すか

先ほど出てきた

O

一匹狼凶暴酸素

が雑菌を抹殺するのです

 

じゃあ何が傷口につけたオキシドールを分解させて

酸素を発生させるのか

 

それが人の血液中などにある

抗酸化酵素

「カタラーゼ」

 

なのです

 

過酸化水素は

代謝の過程で人体でも多く発生します

カタラーゼはそれを瞬時に

水と酸素に分解してくれる

スーパー酵素なのです

 

 

「活性酸素」は最近

体を錆びさせる

って忌み嫌われています

今度コレのお話もしますね

Unknown-4

 

水素水

 今回はこれは置いといて

 

 

人体には過酸化水素を分解する

「カタラーゼ」

がもともとある。。

毛髪には。。。

残念ながらありません

 

ですので

カラー、パーマ、縮毛など

過酸化水素を使用した施術のあと

残留することを防ぐため

おみやげの過酸化水素が残留して

余計なダメージになるのを防ぐために

徹底的に

分解します

 

こんな感じで

カタラーゼが過水を瞬時に分解する実験動画です

 

 

過水やアルカリが残留している状態で

それを閉じ込める

コーティーング系のトリートメントは

 

はっきり行って恐ろしいです

 

この処理は

「アルカリ」

「過酸化水素」

 

を使った方には

必ず

勝手に

行っていますのでご安心下さい

ってな感じで

当店のこだわりの

マイナス処理のご紹介でした

 

 

 

HIRAYAMAでした!!

 

DSC_0019

 

L&B-ロゴ 小

 

総合Tel 0558-36-4649

Hirayama直通予約&問い合わせTel

0558-23-4173

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

54人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP